本文へジャンプ
透明水彩4


*画像はクリックで拡大されます。

watercolor


黒猫が、そこに居るだけで物語が

雨上がり F3コットマン厚口、透明水彩、パステル鉛筆 soldout

忌野清志郎が、喉頭がんと診断されて、2006年7月12日に入院。
「なにごとも経験。また会いましょう。夢を忘れずに」と語りました。

その日に描いたのが、この絵。
キョーシローに似ているような。
彼の歌に出てくる、
レモンライムみたいな、お月さん、も描きました。

物語性を出したかったので、知人からの、
「何か、しでかしそうな、クロちゃん、かわいい!」という言葉が、とっても嬉しいです。

しましま猫のキュートな表情

しましまTiffanie F3ワトソン厚口、透明水彩、水性ペン、パステル鉛筆 soldout

猫の図鑑で、ぱっと目に入ってきた、この愛らしい猫は、バーミーズの長毛種だそうです。

目の色は、イエローから琥珀色まであり、深みのあるゴールドがかったイエローの色合いが好まれるのだそうです。

性格は、好奇心旺盛、遊び好きとあります。
おぉ〜! 本物と遊びたいです♪


ゆらめく光のなかで

揺光 F3、透明水彩、ガッシュ、水性ペン、コンテ、パステル鉛筆 非売品

猫のいる風景は、落ち着いた空気感が漂います。
また、猫は居心地の良い場所を探す名人です。

まわりの空気の感じを強めるため、2回、光の具合を修正しました。
このような絵は、精神的にも技術的にも、遊べる部分が多いので、描いていて楽しいです。



>>猫の絵を描く.comブログ、猫と絵の話題いっぱい♪
Copyright(C)2004/7/26 yuko.haga. (無断転載・使用はご遠慮ください)

←TOP  NEXT→