本文へジャンプ
透明水彩3


*画像はクリックで拡大されます。

watercolor


猫は何をしているのでしょうか

風の音 F3、透明水彩、ガッシュ、水性ペン soldout

身動きひとつせず、目をつぶっている猫がいました。
何をしているのかと思えば、風の音を聴いているようです。

ちょっと、悟りをひらいているような面白い表情の写真から描きました



アメリカンショートヘアの可愛さを

ブラックスポット F3、透明水彩、ガッシュ、水性ペン、パステル鉛筆 soldout

アメリカンショートヘアの柄は、左右対称に入っていることと、ブラックスポットというカジキマグロみたいな丸い斑が、特徴です。
よくここまで綺麗に対称になるものだと、感心します。
アメショは、性格もやんちゃで可愛いのです。

水彩の滲みは、体としっぽ、前足、 顔と、3箇所に分けて入れています。
そのときできるエッジが、猫の描線に使えます。

滲みの技法は、思い通りにならないことが多いですけれど、偶然的な楽しさに出会えるので、私は気に入っています。

緑と猫、ほのぼのとした情景

ごろにゃん♪ F3、透明水彩、ガッシュ、水性ペン、コンテ、パステル鉛筆 soldout

太っちょで汚れてて耳がちぎれているような猫でも、「ごろにゃん」をされたら、たちまち可愛く見えてしまいます。

この絵は、、猫の手帖猫手大賞のイラスト部門、編集部賞に入選しました。

現在、猫の手帖猫手大賞は、選外でも応募作品を返却しないそうなので、応募を見合わせています。


>>ブログ猫の絵を描く.comも、ご覧ください。
Copyright(C)2004/7/26 yuko.haga. (無断転載・使用はご遠慮ください)

←TOP  NEXT→